ひむか海やまめ

umiyamame

山奥の育ちなので、幼い頃から川釣りが大好きで。めったに人も通わないような渓流に中学生一人這いずり回ってはヤマメを狙っていた。たった一人で森や川をさまよっていたあの頃の体験はきっと僕の意識や感性の奥深いところで大事な何かを放ち続けている、そんな気がします。

さて、『ひむか海やまめ』はそのヤマメを一定期間、海で養殖し再び川に戻す。ヤマメは鮭と同じ種なので、もともと海に下る個体もいて、それは川に留まって暮らすものに比べると格段に大きくなって、脂も乗って、「サクラマス」と呼ばれる魚になって川に戻ってくる。

デザインはしたものの未だに食には入っていない、近くフレンチのお店でワイン飲みながら・・・



コメントは受け付けていません。