島へ

沖永良部島に10日間暮らして小学校の壁画を作ってきた。自分の居場所を遠くは慣れて、一人だけの日々は、何となく大学時代、東京のアパートに暮らした、あの退屈でちょっと苦い生活を思い出させてくれた。

人はみんな優しくて、日陰に居て海からの風が吹くととても涼しくて、とても好きな島ではあったけど、少し動くと汗が流れるくらい熱くて、太陽が真上からジリジリ照りつけるあの空港から鹿児島に帰ってきて、大雨のために通行止めになっていた高速に平行して延びる一般道に車を走らせていたとき

「ああ、九州はこんなに緑が豊かで、陽射しが優しかったのか・・・」とつくづく思った。

水をたっぷりたたえて、少し大きくなった稲が風に揺れる水田、菜園の竹に絡むキュウリの蔓。

やっぱり人はいろんなものに、人に、自然に癒されながら生きているんだな。

自分の体力と心の弱さを感じていただけに、今回の仕事は自分を厳しい環境に置いてリセットする良い機会だと思って腰をすえて滞在したもの、その目的は・・・達成できたような出来なかったような、ま、無駄にはなっていないと自分に言い聞かせているところ。

今日からはまた、気持を切り替えて仕事をしなければ・・・

まずは事務所と予定の整理から始めますか。

 

家の中で

take a rest

関連記事

  1. 売り方

    2月末に山幸彦の銅像の除幕式イベントが予定されている祝子川温泉に山幸彦Tシャツを置いてほしいという要…

  2. ジャパレゲ

    メジャーレーベルのエイベックスからタイトル文字を担当した3枚目のCDが発売です。TSUTAY…

  3. 天下一メタボ大作戦

    延岡市の公募で表題のポスターを出品しました。例のごとく、締め切り日当日の朝からバタバタ描いて滑り込み…

  4. ハイネケン

    学生時代、格好を付けて外国ビールを飲んだりしたもの。今ではサントリーばかりだけど、ハイネケンとク…

  5. 日曜の朝

    気持ちよく晴れた日曜の朝です。せっかく早起きしたのに部屋が寒くてなかなかエンジンがかからない。…

  6. 行ってきます

    旅の準備メモや下書き用、茶色の方眼ノートはアスクル製万年筆で絵や文字を書く用のスケッチブ…

  7. リユース

    包装紙のデザインコンペでは不採用になった季節のイラスト。東京単身赴任のT氏がくれた虎やの最中…

  8. 卒業

    弟の引越で倉庫の奥から出てきた木箱、子どもの頃に親戚の酒屋からもらって大切にしていたものとの思わ…

PAGE TOP